水俣ひかり歯科クリニック|一般歯科・口腔外科・審美歯科・インプラント

診療費
審美歯科
ホワイトニング(審美歯科治療)とは
ホワイトニング(審美歯科治療)とは

ホワイトニングとは、変色・着色した歯を薬剤を用いて白く、本来の歯の白さに戻すようにする治療法です。当院では、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、ウォーキングブリーチ、保険診療で行うクリーニング(PMTC)、オールセラミッククラウン、メラニン除去などを行うことができます。

着色の原因

着色の原因

もっとも多いのがコーヒー、 紅茶などの飲み物や、カレー、香辛料などの日常的に摂取している食べ物が原因で色素成分が歯の表面に沈着して歯が着色します。

オフィスホワイトニング(beyondPolus)

医院で行うホワイトニングとして、ビヨンドホワイトニングを導入しています。

■結婚式などイベントが控えている方  

■自分で手間をかけたくない方

などにお勧めです。

ホワイトニングは2回で1セットとなります。一回の施術時間をゆっくりとっていますので、お時間に余裕がある日に来院していただく事をおすすめしています。

 

 事前にホワイトニングの治療の流れと、インフォームドコンセント(治療上の注意点)をしっかりとご理解頂き、同意書への記入をお願いしています。

2回目の来院で術前のシェード(歯の色)を写真で撮影して記録し、施術開始となります。

※オフィスホワイトニングの場合、薬剤の準備等も必要なため初診時にホワイトニングを行うことはありません。施術は2回目以降の来院時になりますことをご理解ください。

 

ホワイトニングで得られる白さは、個人差があります。歯の質や、歯頚部の色、かぶせ物の黄ばみ(基本的にオフィスホワイトニングは天然の歯を対象とします)など、白くなりにくい場合もあります術前にご説明を致しますので、しっかりとご理解をしていただき、同意書をいただいてからの施術となります。

 ※ホワイトニングを行っている期間は、効果を高めて持続させるため、若干の食事内容の制限もございます。

 


オフィスホワイトニングの流れ

ホワイトニングについてのご説明・同意書記入

             ↓

術前の色を確認。口腔内をカメラ撮影。

             ↓

ホワイトニング開始。

歯肉の保護を行い、ホワイトニング剤を歯に塗布し、

ライトで光を当てます。

紫外線や熱を抑えた光なので、刺激が少ないのが特徴。

照射時間約10分を2~3回繰り返します。

             ↓

ホワイトニング終了。

保護材を除去し、お口をゆすぎます。

術後にも歯の色の変化を確認するため、カメラ撮影を

行います。

             ↓

数日後に来院頂き、再度同じ手順でホワイトニングを

行います。(2回行うことで効果が持続します)


 

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングは自宅で自分のペースで進めることができます。
一日に数時間、薬剤を入れたマウスピースをはめておくだけでOKです。オフィスホワイトニングに比べて、ゆっくりと歯を白くしていきます。

子育て中のかたや、仕事がお忙しい方など、好きな時間に出来るホームホワイトニングはお勧めです。

回数を重ねることで白くすることができますが、歯質や歯本来の色が限界の場合にはご希望の色まで白くならないことがあります。

初診時にしっかりと説明を聞いていただき、同意書を記入していただきます。同意を頂ければ、歯の模型をとり、次回以降に自分専用のマウスピースが完成し、自宅で薬剤のジェルをマウスピースに注入し、歯に装着します。

期間はおよそ2週間程度ですが、個人差がありますので、経過を観察しながら治療を行います。

ホームホワイトニング治療の流れ

ホームホワイトニング治療の流れ
ウォーキングブリーチとは

ウォーキングブリーチとは、歯の神経を取ってある歯が変色している場合に、歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、歯を白くする方法のことです。歯の中にホワイトニング剤を入れ蓋をして数週間待ち、歯が白くなったら中の薬剤を除去して、最終的な蓋をします。

歯の中にホワイトニング剤を入れた状態で、歩き回りながらホワイトニングを行うことから”ウォーキングブリーチング”という名称が付いています。

ウォーキングブリーチ治療の流れ

ウォーキングブリーチ治療の流れ
費用の目安について
クリーニング(PMTC)とは

専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使ってバイオフィルム(歯周病菌の巣)を取り除く方法です。
毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れをしっかり落とし、歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1~3mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。

当院では歯周病の保険治療の流れの中で、PMTCを行っています。

クリーニング治療の流れ

クリーニング治療の流れ

効果を持続させるために定期的に実施することをお勧めします。

オールセラミッククラウン(冠)とは

オールセラミックとは、言葉の通り、すべてセラミックでできている歯です。

通常はセラミックの歯の十分な強度を確保するために、歯の裏側に金属加工したプラスチックやセラミックを、前歯にも、奥歯にも使用しています。裏側が金属加工された歯は、前歯に使用するとうっすら金属が透けて黒ずんだような色に見えてしまいます。オールセラミックの場合、すべて白いセラミックなので、審美的に美しい歯が仕上がります。

当院では、自費治療として最新の歯のクラウン(かぶせ物、差し歯)やブリッジ治療に、金属を使用しないセラミックを使用することができます。

もちろん患者様のご希望により奥歯には保険での金属加工されたものを使用することもできますが、金属アレルギーや歯肉の後退等による金属の露出により、いくつかの問題が報告されていることを踏まえ、当院ではオールセラミックによる治療をお勧めしております。


 

強度と審美性が高いセラミックで出来た保険外診療のかぶせ物です。

金属を使わない為、アレルギーの心配もなく、自然できれいな出来上がりです。

保険のかぶせ物と違い、汚れが付きにくく、変色もしにくいです。


 
メラニン除去

メラミン除去治療とは、歯ぐき、歯肉の黒ずみを本来の歯肉の色に戻す治療です。

歯肉の黒ずみ(メラニン色素の沈着)でお悩みの方に、歯ぐきにメラニン色素を除去する薬剤を塗ると、1回~数回の施術でピンク色の歯肉を取り戻すことができます。

黒ずみの原因

歯ぐきの黒ずみの原因は、日焼けと同じメラニン色素です。口での呼吸やタバコなど、歯ぐきに刺激が加わわることで、メラニン色素が沈着します。そのメラニン色素を取り除くと、歯ぐきは健康なピンク色へと戻ります。

メラニン除去でよくある質問

Q 施術中痛みは無いんですか?

A わずかにひりひりする程度です。

Q 再発しないんですか?

A メラニン色素の沈着の原因は、口で呼吸したりタバコなどで歯ぐきに刺激が加わっているためです。ですからその原因をなくさない限り再発は起こります。

Q 効果はどれくらい持続しますか?

A 個人差はありますが、2年前後効果が持続します。
お飲み物(コーヒー・紅茶)などをよくお召し上がりになる方は、新たに再着色が始まりますので、ご自宅でできる歯のホームホワイトニングとの併用されることをおすすめしています。

費用の目安について

素材提供:審美歯科ネット


ページトップ